コレステロール対策に最適なサポニンの効果って?

葛の花のサポニンってどんな成分?

健康診断の結果で、医師から「コレステロールが高いので、気をつけましょう」と言われたりすると、重大な病気になってしまうのではないかと心配になりますよね。

 

コレステロールといえば「脳卒中」「心筋梗塞」「動脈硬化」「高血圧症」などの生活習慣病を思い浮かべてしまうほど、身近なものです。それでは、コレステロールについて知っているのかと思い返してみると意外と知りませんよね。

 

そこでこちらの記事では、コレステロール対策と葛の花に含まれるサポニンの効果についてまとめています。コレステロールや内臓脂肪が気になっている方は必見です。

 

コレステロールの役割とは?

コレステロールと聞けば悪者というイメージがありますよね。でも実はコレステロールにもしっかり役割があります。結構重要な役割をになっているので、摂らなすぎにも注意が必要なのです。

細胞膜を作る

人の細胞は37兆個あるといわれ、骨・筋肉・内臓・皮膚の全てが細胞の集まりであり、その一つ一つの細胞を包む細胞膜の原料が、コレステロールです。
コレステロールが不足すると細胞膜が弱くなり、外部からのバイ菌の侵入が容易になったり、血管壁が弱くなることで、脳出血などを引き起こしやすくなります。

ホルモンを作る

コレステロールは性ホルモンの元となり、不足するとホルモンが分泌されずに、さまざまな支障を来すことになります。
ホルモンのバランスを崩すと、女性では生理不順や肌荒れなどのトラブルなどが出現し、男性では薄毛などが出てくる場合があります。

胆汁酸を作る

胆汁酸は、脂肪の分解を助ける消化液のことをいい、コレステロールを原料とし肝臓で作られています。このコレステロールが不足すると、脂肪吸収率が低下し、過剰となると胆石などができやすくなります。

 

コレステロールは一言でいうと、何となく悪者のイメージですが、ある一定量は必要であることが理解できましたでしょうか。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

コレステロールが気になる方は、余計な脂肪についても気になるのではないでしょうか。
内臓脂肪と皮下脂肪の違いをここで、簡単に説明していきましょう。

内臓脂肪とは

内臓や腸のまわりに付く脂肪のことをいい、男女比でいうと男性に多く、つきやすい脂肪である反面、燃焼しやすいという特徴を持っています。
見た目では、わかりにくいのが内臓脂肪であり、知らず知らずのうちについてしまい、病気に直結しやすいので要注意です。

皮下脂肪とは

お尻や太ももに脂肪がついた下半身太りをイメージすると分かりやすく、一度ついてしまうとなかなか落ちなく、「洋ナシ体型」と呼ばれるタイプです。

妊娠出産後につきやすく、その理由として赤ちゃんを外部からの衝撃から守るのと、授乳期の蓄えとして皮下脂肪がつきますので、圧倒的に女性に多くみられます。

葛の花サプリに含まれるサポニンの効果

葛の花のエキスに含まれているサポニン。このサポニンは血中の脂質を下げる効果があり、内臓脂肪や皮下脂肪の減量に力を発揮します。

 

さらに、サポニンには血流を改善する性質もあるのでダイエット効果にも期待大なのです。

 

その他のサポニン効果

  • 殺菌、抗菌、抗炎症作用
  • 免疫力を高め、風邪やウイルスから体を守る
  • 肝機能を高める
  • 天然の界面活性剤(天然シャンプーや天然石鹸になる)

サポニン×葛の花イソフラボンでW効果が期待できる!?

葛の花サプリには、サポニンだけではなく、イソフラボンも入っています。食事を摂ると糖分に変わり、エネルギーとして使われず余った分は体脂肪として蓄積されていきますが、サポニンは、血管内に脂肪が蓄積しないように働き、イソフラボンは糖から脂肪に変わるのを抑制します。

 

そのため「脂肪が作られにくい」「作られても蓄積しにくい」というダブルの効果が得られます。

 

コレステロール値が気になって将来の病気が心配な方は、暴飲暴食をしないなどの食事の管理や運動などを取り入れたりと、生活習慣の見直しをする必要があります。でも分かっていても有言実行って難しいですよね。

 

そして、いくら体に良いからといって過剰に摂取することもおすすめはできません。ですから、満遍なく色々な食材を食べつつ、不足している分はサプリメントを上手に活用するのが、賢い方法と言えそうですね。

 

葛の花にはサポニンが豊富!ダイエットに最適な葛の花サプリって?