葛の花サプリの飲み方は?

葛の花サプリはどう飲んだらいい?

最近ダイエッターが大注目している、葛の花由来のイソフラボンが配合された機能性表示食品の「葛の花サプリメント」。飲み続ける事で、内臓脂肪を減らし内側から脂肪を落とす、優れものです。

 

ですが本来、サプリメントは「正しく飲む事」を心がけなければ効果も薄れてしまう可能性があります。

 

葛の花サプリメントはどう服用すれば良いのでしょうか、効果を最大まで活用するため、正しい飲み方について徹底的に調べてみました。葛の花サプリを服用されている方も、されていない方も、サプリメントの正しい服用方法を見直してみましょう。

 

葛の花サプリの効率的な飲み方まとめ

飲む量

メーカーが推奨している量は「1日4粒」と決まっています。イソフラボンを35mg摂取する事で内臓脂肪を減らす効果が発揮されると言われており、4粒が規定量として表記されています。
サプリメントを飲むに当たって「規定量以上を飲めば、効果がより出る」訳ではなく、正しい量を飲み続けてはじめて効果を発揮するものです。ですから表記されている数量を飲み続ける事が大事です。逆に、1日に4粒以下の量を服用してもイソフラボンの効果が得られず、効き目が悪くなってしまいます。必ず4粒を守る様に心がけましょう。

 

飲むタイミング

効果的な服用のタイミングは「食事の30分前」「食後すぐ」です。サプリメントが溶けきって、イソフラボン成分が浸透するまでに30分程度の時間が必要です。そして成分が浸透した後に食事をする事によって、蓄積されるはずだった脂肪分がイソフラボン効果により減少し、内臓脂肪を付けにくくします。ですので糖類、炭水化物などの脂肪を減らす効果をより高めたいのであれば、食事の30分前、もしくは食後すぐの服用が理想的なタイミングとなります。

 

何回に分けて飲むか

「食事前に4粒服用すれば良い」と言う訳でもなく、何回に分けて飲むかも大事なポイントになります。ただし「○回に分けて飲んでください」とメーカーは指定をしていません、なので一度に4粒服用する事も間違いだと言う訳ではありません。ですが、一層効果を得たいならば、私は「朝食の後に1粒」「昼食の後に1粒」「晩食の後に2粒」の三度に分けての服用をおすすめします。葛の花イソフラボンは食事前後に飲む事によって効果を高めることが出来るので、なるべく食事前後に服用する事を意識してみて下さい。 朝昼は動く機会が多いので脂肪を燃やせますが、夜は睡眠を挟む事によって動く機会も少なくなり、脂肪を燃やしにくいので2粒服用する様にしてみましょう。

 

葛の花サプリを飲むうえで一番大事なこと

サプリメントでダイエットをする事に置いて、一番意識すべきは「分量を守って食前または食後に飲み続ける」ことです。葛の花サプリに限らず、どのサプリメントにも言える事ですが、適当に飲み続けても効果を中々得られくく「効果がなかったから別のサプリを飲もう」と違うサプリを手にとっても、やはり堂々巡りを起こしてしまい、全て長続きしない結果となってしまいがちです。

 

今一度、生活習慣を見直すとともに葛の花サプリを正しく併用し続けてみましょう。きっとダイエットの大きな手助けとなってくれる事でしょう。皆さんに、上記のまとめを意識して頂いてたくさんの効果を実感出来しながらダイエットをして頂ければと思います。