葛の花の効果まとめ!葛根湯との違いとは?

葛ってどんな植物なの?

葛の花

「葛の花」は道ばたで見かける事はあまりなくて、なじみの薄い植物だと思いますよね。

 

葛の花は薄桃色の花を咲かせる、とても可愛らしい植物で、昔は「健康食品」として漢方として深く日本の文化に携わってきました。「葛根湯」もよく見ると葛の根だということに気づきます。

 

そして、葛の「花」は今はダイエッターの中で「ダイエット食品」として注目されており、葛の花サプリとしてプチ流行しています。これは最近になって、葛の花の成分は「葛の花はどの部分も健康に良い効果があらわれる」という事が分かったからです。

 

葛の花について調べてみると、サプリメントの浸透により葛の花を深く掘り下げる記事も多く、成分と効果は知ってる方もいると思います。でも、葛の花本来の効果を知っている人は少ないのではないでしょうか。という事で今回は葛の花の全ての部位に含まれる、効果についてまとめています。葛の花サプリを飲む前によんでみてください。

葛ってどんな効果がある?

葛の花

豆(まめ)科

  • 開花時期は、 8/15 ~ 9/末頃
  • 周りの木々を蔓で覆ってしまう程、生命力が強い
  • 花は、下から開花していく
  • 奈良県の「国栖(くず)」が葛粉の産地
  • つるの繊維部分は「葛布(くずふ)」の原料にもなる。
  • 根にはでんぷんを含んでおり、葛根(解熱の漢方薬)になる。
  • 葛餅にも使われる、葛粉(くずこ)も取れる

蔓を伸ばして広い範囲に生い茂る事から、繁茂力がとても高い植物だと言われています。あまりの生命力に、若木の成長を妨げる有害植物とも言われています、葛は「根茎」から増殖するので、蔓を刈ったとしても根茎が残っていると、すぐに蔓が再生してしまうんだそうです。(ハーブと同じで生命力がありすぎるのも困り物ですね…)

 

でも、その生命力のおかげで、葛の根、葉、花には、様々な栄養が蓄えられていきます。漢方にもなり、食品にも変わる、「葛」という植物はその強い生命力のおかげで、今も昔も大きく日本の生活を支えてくれている訳ですね。

 

【部位別】葛の効果

葛の根の効果

葛は高い生命力を持っています、その生命力の源は、写真にもある様にかなり太い「葛の根」のおかげだとも言えます。この葛の根ですが、乾燥させてすり潰す事で生薬になってしまいます。その様に作られた生薬を、葛根(かっこん)と言います。

 

葛根は「発汗作用」「鎮痛作用」「風邪」「胃腸不良」にとても効果的で、昔はダイエット食品ではなく、民間治療薬として使用されていた様です。他にも「葛根湯」「参蘇飲」「独活葛根湯」などの原料にもなるので、この葛根は、健康には必要不可欠と言える部位です。

 

(※葛根湯はこの様に飲みやすく改善されて、今も日本の漢方として浸透しています。)

葛の茎の効果

葛の花に生命力を与えている一番の部分は、この「葛の茎」です。この茎からどんどん繁殖して、他の植物さえも巻きこんでしまう葛の茎に、困っている農業の方も多いそうです。

 

そして、漢方薬として多々使用されている「葛根」と比較すると、茎が漢方として使用される事は全然ありません。昔は衣服の繊維として活用されていた事もある様ですが、現代社会で葉っぱで出来た服を着るのは、流石に危険ですよね(笑)しかし、ここ最近で「葛の茎からもイソフラボンが抽出出来る」事が分かり、葛の茎の有効活用法が研究されているそうです。いつか葛の茎も形を変えて、皆さんの手元に届くかも知れませんね。

葛の葉の効果

「葛の葉」は葛の根に比べて多用されていませんが、実は列記とした効果を持っています。葛の葉と言うより「葛の若葉」にダイエット効果を持っていて、今ではすり潰されてサプリメント等に練り混ぜられてイソフラボンの働きを助けるサポート的な立場をこなします。

  • 貧血の予防
  • 血圧の低下
  • コレステロールの減少
  • 細胞の活性化

上記の効果を持つ、葛の若葉は血中に溶けて内側から体内のコンデションを整えて、私達の健康を保ってくれています。葛の花エキスが含まれるサプリメントには、葛の若葉もしっかり含まれているので、そう考えると葛の花には無駄な部分は一個もないといえますね。

葛の花の効果

葛の花で一番の効果を発揮するのはやはり「葛の花」です。最近になって「イソフラボン」を多く含み、ダイエットに効果的だと言われ始めましたが、昔から女性の美を守るとして多く飲まれ続けていました。

  • 体の脂質が酸化するのを防ぐ。
  • 代謝に活発に働きかける。
  • 血管に付着した脂質を取り除く。
  • 血流の改善、動脈硬化や血栓症の予防。
  • ホルモンバランスを整える。

このような効果を持つ葛の花には「イソフラボン」「サポニン」と言う効果が含まれており、体内脂肪を落とすとして、主にサプリメントでスポットを浴びています。いわば、葛の中ではリーダー格という事になります。この効果については、多くの臨床試験が実施されており、効果は実証されています。